創拓社出版

 まえがき 
 序章
 第1章
 日本語と英語のコミュニケーションの展開の違い
       日本的コミュニケーションへの戸惑い
       戸惑いその1:重点先行型の英語、結論先送りの日本語
         戸惑いその2:情報提供に積極的な英語、小出しの日本語


 第2章  「センテンス」
  1)英語の「センテンス」とは
  2)「大人」と「子ども」のセンテンスの違い
  3)日本語と英語のセンテンスの長さの違い
  4)main ideaと修飾語句
  5)Sentence Combining─未熟なセンテンスを成熟したセンテンスにするための練習
  6)まとめ─センテンスで日本人が気をつけるべき「くせ」

 第3章 「パラグラフ」
  1)英語の「パラグラフ」とは
  2)パラグラフの基本の型
  3)トピックセンテンスとサポート
  4)パラグラフの長さ
  5)トピックセンテンスの欠如
  6)日米トピックセンテンスの構造の違い
  7)日米トピックセンテンスの位置の違い
  8)サポート──英語は押し、日本語は引く
  9)センテンスのつなぎかた
 10)直線型の英語、揺れの日本語
 11)まとめ──パラグラフで日本人が気をつけるべき「くせ」

 第4章 「文章」
  1)英語の文章(説明文)の型
   a 英語の文章の構成
   b 導入のパラグラフ
   c 展開のパラグラフ
   d 結論のパラグラフ
  2)文章の長さとパラグラフの数

 終章 対照言語学の観点から
 あとがき


本体価格 1,400円

ISBN4-87138-237-0

三浦順治 著

ネイティヴ並みの
『英語の書き方』 がわかる本

・目次 ・  165P

注文する

著者プロフィール
秋田県生まれ。秋田大学卒業後ミシガン大へ留学。
現在 秋田大学名誉教授、秋田県立大名誉教授。
主要著書 「中学校英語指導法事典」(開隆堂)
「新・英語科教育の研究」(大修館)「新英文構成法」(開隆堂)他

電子書籍版

apple