基 礎 編 目次
1. be動詞:疑問文
2. be動詞:否定文
3. be動詞:過去形
4. 一般動詞:現在形
5. 一般動詞:疑問文・否定文
6. 一般動詞:主語が3人称単数
7. 一般動詞:疑問文への答え方
8. 一般動詞:過去形(規則変化と不規則変化)
9. 一般動詞:過去の疑問と否定
10. 現在進行形
11. 現在進行形:疑問文と否定文
12. 疑問詞のついた進行形
13. 現在進行形と過去進行形
14. 不定冠詞:aとan
15. 定冠詞 : the
16. 代名詞:itとthey
17. 代名詞の所有格
18. 代名詞の目的格
19. 接続詞:ifとwhen
20. 接続詞:that
21. 未来を表すbe going toとwill
22. 助動詞can:疑問文と否定文
23. have to:疑問文と否定文
24. 助動詞:mustとmust not
25. 形容詞と副詞
26. 比較表現:〜erと〜est
27. 比較表現:moreとmost
28. 比較表現 :as...as〜
29. 不定詞:〜するために
30. 不定詞:〜すること
31. 不定詞:〜するための
32. 不定詞:〜して
33. 疑問詞+不定詞:〜のしかたを(〜をどうするかを)
34. 不定詞:it A for B to 〜(Bにとって〜することはA だ)
35. 不定詞:want A to 〜(Aに〜してほしい)
36. 動名詞:〜ing(〜すること)
37. 受動態
38. 現在完了(〜してしまった、〜したところだ)
39. 現在完了(〜したことがある)
40. 現在完了(いままで〜している)
41. 後置修飾:現在分詞
42. 後置修飾:過去分詞
43. 後置修飾:関係詞の省略
44. 関係代名詞:who
45. 関係代名詞:which
46. 疑問詞:主語の場合と目的語の場合
47. 疑問詞:形容詞に使われた疑問詞
48. 疑問詞:whoとwhom
49. 疑問詞:whose
50. 疑問詞:howの使い方
51. 疑問詞と比較級
52. 疑問詞:whereとwhen
53. 命令文と否定(一般動詞)
54. 命令文と否定(be動詞)
55. There構文
56. There構文の疑問文
57. look(見える、見る)
58. call(〜を呼ぶ、〜を△と呼ぶ)
59. make(〜を作る、〜を△にする)
60. when節が動詞の目的語になった場合
61. Excuse me. とI'm sorry.
創拓社出版

中学英語英文の90%は書ける
反復英作文
定価 本体価格 1,300
この本の特徴と目次   
発展編

・問題練習を通して、センテンス・コンバイニングが自然と
 身に付き、大人の英文が書けるようになります。

基礎編

・中学レベルの文型と文法をすべて取り上げています。
・日常よく使う内容のやさしい文で、長さも1文5〜9語
 なので無理なく練習できます。
・単語練習も含めて基礎英文を約1000文練習すること
 ができます。
新刊 
左から右へ
著者:三浦 順治     秋田大学名誉教授
                  ミネソタ州立セントクラウド大学客員教授
                  英語教科書NEW HORIZON English Course
                  (東京書籍)編集者
主な著書
「も一度English」
「ネイティヴ並みの英語の書き方がわかる本」
「英語流の説得力をもつ日本語文章の書き方」
「グローバル時代の文章術」

 発 展 編 目次
T.文を右に長くする
U.文を結んでもっと複雑で長い構造にする
(1) and, but, or(等位接続詞)で結んで長くする
(2) 従属接続詞など(when, because, thoughなど)で結んで長くする
1. when(〜する時)
2. while(〜する間)
3. after(〜した後で)
4. before(〜する前に)
5. since(〜して以来)
6. until(〜するまで)
7. because(〜なので)
8. since(〜なので)
9. so that ...(...であるようにと)
10. so 〜 that(とても〜なので)
11. such 〜 △ that(とても〜な△なので)
12. as 〜 as △(△ と同様に〜だ)
13. (even) though 〜(〜ではあるけれども)
14. if(もし〜ならば)
15. unless(もし〜でないならば)
16. who(〜であるところの:先行詞が「人」の主格の関係代名詞)
17. whose(〜であるところの:先行詞が「人・物」の所有格の関係代名詞)
18. whom(〜であるところの:先行詞が「人」の目的格の関係代名詞、省略も可能)
19. which(〜であるところの:先行詞が「人以外」の主格・目的格の関係代名詞)
20. when(〜であるところの:先行詞が「時」の関係副詞)
21. where(〜であるところの:先行詞が「場所」の関係副詞)
22. why(〜であるところの:先行詞が「理由」の関係副詞)
23. 「〜ということ」は「that」節で導く。
I know that he is honest.
24. 「〜であるかどうか」はif節で導く。
She asked me if I was hungry.
25. 「いつ、誰が、どこで、何を、何故」は「when, who, where, what, why」節で導く。
26. 「...することは〜だ」は「It 〜 that ...」で表わす。
27. 「△という△」:同格表現
28. 「〜している△」には「〜ing+△」「△+〜ing ...」の2つの語順がある。
29. 「〜された△」には「〜ed+△」「△+〜ed ...」の2つの語順がある。
30. 分詞構文
31. 「〜すること」を表す「動名詞の〜ing」
32. 「〜するための」を表す不定詞の形容詞用法
33. 「〜するために、〜して」を表す不定詞の副詞用法 
34. 「〜すること」を表す不定詞の名詞用法 
35. 「(人にとって)〜することは...だ」を表す「it ...(for 人)to 〜」の構文