話しことばと日本人
  目次
第一章 話しことばに関心を
    第一節 「こんにちは」の用法
    第二節 話しことばと書きことば
    第三節 「じっぽん」と「じゅっぽん」
    第四節 「正しい」文と「実際に話す」文
    第五節 内にある価値と外にある価値

第二章 話しことばの成り立ち
    第一節 発話の目的と発話されたことばの形
    第二節 話しことばと時間の流れ
    第三節 音声と音声以外の要素
    第四節 話すときの動作と表情
    第五節 日本語の場面依存性
第三章 日本語の話しことば、話し方の特質(その一)
    第一節 話すこと、話さないこと
    第二節 話す相手、話さない相手
    第三節 話す相手と話す目的
    第四節 平均的日本人A氏の言語生活
第四章 日本語の話しことば、話し方の特質(その二)
    第一節 一人で話さぬ話し方
    第二節 相手の意志に逆らわない表現
    第三節 経験・知識の共有志向(その一)
    第四節 経験・知識の共有志向(その二)
第五章 日本語の話しことば、話し方の特質(その三)
    第一節 利害へのこだわり(その一)人と人
    第二節 利害へのこだわり(その二)物と人
    第三節 「上」「下」の待遇
    第四節 「内」「よそ」の待遇関係
    第五節 「内」「よそ」主義、共存・同一化への強い志向
第六章 現代日本人の生活と話しことばのゆれ
    第一節 コミュニケーションの対象の変化
    第二節 コミュニケーションの場と手段
    第三節 コミュニケーションの内容・方法に関して
    第四節 ことばによるコミュニケーションの主体の変容
    第五節 言語教育に期待されるもの(その一)
    第六節 言語教育に期待されるもの(その二)